動かないバイクの処分

仕事用に乗っていたバイクが、交通手段が変わって乗らなくなってしまった、または、実家に置きっぱなしにしているバイクがある、バッテリーが切れた等の理由で修理しなければと思いながらそのまま放置していた、そのようなバイクがガレージに眠っているという方は沢山おられるでしょう。放置していたが故に、錆が出はじめた、劣化が進んでいるという場合には、今すぐ行動に移すことをお勧めします

処分そもそも、バイクの処分方法が分からず、お金がかかるくらいならいつか処分する日まで置いておこうと思われる方が大半だと思います。ただし、自治体の粗大ごみとしてバイクの回収はほぼ対応していませんので、バイク処分をするとなると専門業者に依頼することになります。「処分」という方法を選択すると、やはり料金が発生するか、良くても無料での引取りになります。

今まで愛着を持って乗ってきたバイクには価値がない、一円にもならない、それどころか、お金を出して引き取ってもらうとなると、非常に残念な結果と言わざるを得ません。簡単に諦めず、できるだけ価値を見出してくれる買取店での「買取」がお勧めですので、インターネットで検索したり、バイク仲間から情報収集をされてみてはいかがでしょうか。


☆関連記事☆

  1. 賢いバイクの処分方法
  2. バイクの買取に出そう
  3. まずは見積り査定から